第14話 姿勢を良くするためには筋肉量ではなく筋力をつけよう

皆さんは今身体にどれだけの筋肉量がありますか?

筋肉量があることは力を発揮するための蓄えにはありますが、それを身体を上手に動かす力とは直結しません。

姿勢を改善したり、診断名が付かない慢性な肩こりや腰の違和感の解決には身体を正しく動かせる力が必要です。

一般的に分かりやすい違いは筋肉量はボディビルダー。

筋力はウエイトリフティング選手。

ボディビルダーは筋肉を付けるためのトレーニングとして筋力を発揮することはどちらも一緒ですが、パフォーマンスはどれだけ美しくポーズを取れるかの「見た目」が勝負を分けます。

ウエイトリフティングは重いバーベルをどれだけ挙げられるかの「重量」で勝負が決まります。よって筋肉量があっても重量をあげるための動き、フォームが出来ていないと挙げられないですね。

その力は筋肉を付けたから解決されることではなく、その筋肉を適切に必要最低限発揮出来る訓練が必要です。

番組では

・筋肉量と筋力の違い

・筋肉をつけるトレーニングと筋力を鍛えるトレーニング

・ピラティスのグループ指導していて感じた筋肉ではなく筋力が大事と感じた事例

などジムでトレーニングしている方向けの内容です。

毎週水曜日に疲れない身体作りについてナビゲーターのsayuさんとともに配信中です!

松永大佑公式HP http://matsunaga-trainer.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です