第28話 歯医者から学ぶ身体のメンテナンスの話

 

松永が現在お世話になっている歯医者は、ただ虫歯になった歯を治すという従来の歯科治療ではなく、虫歯や歯周病になった原因(リスク)を調べ未然に防ぐ「予防プログラム」に力を入れています。

常に健康な歯でいる為には毎日の歯磨きなどのメンテナンスが欠かせません。

それは身体も慢性的な症状も一緒です。

治療してまず痛みの処置をすることはもちろん必要です。しかし、

「なぜ腰痛や肩こりになったのか?」

「なぜ虫歯になったのか?」

原因を突き止めなければ、その箇所を治療しても、また虫歯は再発するし、腰痛も再発します。

痛みを取るのはもちろん最優先。

ですが、そうならない為には?という意識に持っていく予防思考がまず大事だということと

実際の行動はやっぱり日頃のメンテナンスが大事だなと通っている歯医者の治療方針から学んだ話です。

==================

◼︎松永が通っている歯医者の話

◼︎歯は削らない、詰めない

◼︎徹底した歯のメンテナンス教育

==================

ナビゲーターのsayuさんとともに疲れない身体作りについて毎週水曜日に配信中。

姿勢改善専門トレーナー 松永

松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

第27話 身体の痛みを取るのと痛みの出ない身体にするのはやるべきことが違います!

今日はリスナーからの質問にお答えします。

=============================

40代女性 主婦

いつも番組を聴いてその度に姿勢を意識しています。

質問なのですが、現在子どもの育児や家事で腰痛を抱えています。運動はストレッチはたまにしています。度々鍼、整体に通って良くなるのですが、また生活に戻ると痛みが出て、繰り返ししています。理想はこの腰痛がなくならないような状態に持っていきたいのですが、どうしたら良いですか?

============================

この話しをする上で身体の状態を3つに分けます。

◼︎痛みがある状態をマイナス(−)

◼︎戻った状態をゼロ(0)

◼︎再発しない身体の状態(+)

 

この相談は私も指導していてよくありますが

まず大前提として

マイナス(−)からゼロの状態にしたい場合と

マイナスから+の状態にしたい場合かで

やるべきことが変わってくるということです。

つまりゴール設定とやるべきアクションをまず一致させないと

いけません。

今日はそのやるべきアクション「治療」と「運動」という2つの選択とゴール設定について、リスナーのご質問にお答えしながら、番組で話しています。

続きは是非音声でお聴きください!

疲れない身体作りについてナビゲーター sayuさんともに毎週水曜日に配信中。

松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

 

第26話 何時間読んでも疲れない読書時の姿勢

普段読書はしていますか?

私は今年読書の秋でたくさん本を読みました。

本を読み終わると感じるのは、「肩、首が凝るな」

と感じることはないですか?

それは読書時の姿勢にあるかもしれません。

今日は本を読む時の姿勢を疲れない視点でお話ししています。

================

・疲れない読書姿勢の2つのポイント

・その他シーン別の読書姿勢

================

疲れない身体作りについてナビゲーターのsayuさんとともに

 

毎週水曜日に配信中。

姿勢改善専門トレーナー 松永

松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

第25話 前屈で床に手を付くにはどうしたら良いですか?

リスナーからのご質問にお答えします

=============

50代男性 会社員

昔から身体が硬いのが悩みで特に前屈は今まで一度も床に手が付いたことがありません。身体が柔らかくなれば少しは身体も楽になれるのではと思い、お風呂上がりにたまにストレッチはしています。床に手が付くために何か良いアドバイスがあればよろしくお願いします!

=============

身体が硬いと感じる時のひとつに

「前屈(立位)で床に手が付かない‥」

手が付かないことが何かすぐに健康に悪影響があるわけではないですが

柔軟性はある方が快適に身体を動かせる大きな体力要素です。

今日は前屈に関与する筋肉や付かない原因などお話をしています。

柔軟性はいくつ年を取っても向上します!

日々頑張っている身体のメンテナンスをしましょう!

姿勢改善専門トレーナー 松永

松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

第24話 疲れない靴の履き方のポイント

前回(23話)の続きで今日は靴の履き方です。

家の玄関でシューズを履く時
ジムの入り口でシューズを履く時

靴に足を入れてから動き出すまでに何か意識していることはありますか?

言われると確かに大事だなという足に負担をかけない靴の履き方のポイントを番組内で話しました。

===============

紐が結ばれたまま履き、脱ぎはOorX?

足は靴のつま先に合わせる?カカトに合わせる?

ダブルアイレット

========================

など、まずは実際に試して身体で実感してください。

特にトレーニングしている方は

しっかり足と靴がフィットされているとパフォーマンス上がりますよ!

1日にたくさん歩かれる方ほど靴擦れや足の疲れのロスも防げます。

◼︎足と靴がフィットする結び方「ダブルアイレット」の紹介動画は下リンクから
https://youtu.be/fMZfa_AjteE
(コニカミノルタランニングプロジェクト様参照)

足は姿勢作りの土台です。

姿勢改善専門トレーナー 松永