第38話 寝ている時に起きる腰痛は一度寝具を見直してみましょう

本日はリスナーからのご質問にお答えします。

 

40代女性 主婦 Kさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

松永さんこんにちは。Podcast「姿勢で変わる、疲れ知らずの身体を作る体育塾」というタイトルが気になって聴き始め、聴くたびに姿勢は大事だよなあと思いながら聴いています。ふと腰や背中が丸まっていることに気づくこともあるので、お尻を叩かれるように聴いています。気づきをいつもありがとうございます。

私は、40歳を過ぎてから腰痛を抱えるようになりました。整形外科でレントゲンを撮っても骨には異常はないです。最近、必ず決まって痛くなるときが分かってそれが「朝起きた時」です。動かせる方向にちょっとずつ伸ばしていくと動くようになってきて、だるさは少し残りますが、痛みはなくなります。

寝ている姿勢などにも原因はあるのでしょうか?

何かアドバイスがあればよろしくお願い致します。

=======================

寝ている時や朝起きた時に腰痛になる原因は

「寝ている姿勢」に意識が行きがちですが、もちろんそれはあります。

しかし、そもそも寝ている姿勢の原因がある原因は寝ている環境にあることもあります。

つまり、「寝具」です。

今日はこの寝具と寝ている姿勢から紐解いて腰痛になった原因についてお話ししています。

さらに、寝ている時に無意識に起こす「寝返り」についてもお話ししています。

是非、同じお悩みの方は是非お聴きいただき、参考にしてください。

姿勢改善専門トレーナー 松永

松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です