第48話 家具の配置と定位置を変えるアドバイスで肩こりが軽減された例

慢性症状とは言葉を変えるなら生活習慣病です。

生活習慣病ということは、その原因は生活習慣の中にあるということです。

今日は、家の家具の配置がひとつの原因だった例を紹介します。

原因は当たり前のように過ごしている家の中にあるかもしれないのが分かる例です。聴いて一度振り返ってみてください。長時間身体が左右非対称の姿勢でいるシーンはありませんか?

生活を見直すということは、そういう環境も見直すということです。

リビングの座っている位置を向かいに座り同じ目標物を見るだけでも、

使うべき筋肉は逆パターンに変わります。こんなちょっとの工夫で無意識の内に筋バランスが改善されるケースもあります。

一度お決まりにいる定位置を変えて違う景色から自分の姿勢をチェックしてみてはいかがでしょうか?

姿勢改善専門トレーナー 松永

◎松永大佑公式HP:http://matsunaga-trainer.com

◎公式LINE@:ID:@rtw8871c→追加で完了
       URL:http://line.me/ti/p/%40rtw8871c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です